冬の櫻・上下セット

かつてこれ程恬淡として清々しい男がいたであろうか。
その名は、圓城寺彦九郎。会津『豊秀流』の祖。
歩射・騎射に優れ、当代一の弓術の名手、鍼術の名人であった。
武芸者でありながら「敵」をつくらず、出会った人達は忽ち、彼の虜になってしまう。残念ながら戊辰の役で「彦九郎」の全てが灰燼に帰したが、その波乱の一生を丹念に再現した著者渾身の書き下ろし。
本邦初の弓術(道)長編小説です。

¥ 5,616

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。